医師もコミュニケーション能力が必要

消費者が求めるものは、より大きくなり多様性を増しています。

病気や怪我などで病院を訪れる患者さんたちも、言わば消費者。

医療従事者不足の現状があるとはいえ、もし、自分の病状や怪我の状態を診てくれた病院や医師に不満を抱けば、すぐさま別の病院に簡単に乗り換えてしまうでしょう。

また、以前よりもそれがしやすい状況にあるのです。

患者さんが病院、とりわけ医師に対して、どの点に良し悪しを感じ、どの点で評価を決定しているかといえば、それは「コミュニケーション」です。

すなわち、医師の求人に応募をして、面接を行う際にもコミュニケーション力があるか確認されるということです。

治療方法や処方される薬剤などが果たして正しいのかどうか、それはベストであるかどうか、これらのことは一般の人にはわかりません。

しかし、医師の対応がいいかどうか、患者さんに対する接し方がベストであるかどうかに関しては、多くの人がわかること。各々求めるところは異なるかもしれませんが、お互いに良好なコミュニケーションが取れなければ、「この病院はダメだ」、「この先生は自分のことをわかってくれていない」と判断し、やはり別の病院へと移ってしまうでしょう。

今の時代、しっかりと意思の疎通を図り、言葉などによる表現を適切に行えなければ、医療従事者としては失格です。

どんなに良い腕を持っていたとしても、高い信頼を得ることは難しいでしょう。

インターネット時代の医師の転職事情とは

どうしてそのような時代になったのかといえば、おそらくインターネットの影響だと考えられます。

インターネットを利用すれば、すぐに近くの病院を探すことが可能。

あっちが気に入らなければこっち、こっちがダメならそっちと、個人の判断ですぐに、そして簡単に自分の病状や怪我の状態を診てくれる病院を探すことができるようになったことが大きな理由でしょう。

また、インターネット上に、病院やそこに勤める医療従事者の評価や評判が載せられ、それが一気に流布されてしまうことも、コミュニケーションの重要性が増した大きな理由です。

評価や評判が悪いと事前にわかれば、実際にそれを体験・体感する前に別の病院に行ってしまう。

病院としては非常に重要な問題であり、看過できません。

当然、新しい人を採用する時には、どれだけ人と上手に接することができるか、この点について重視するようになります。

医師として働くからには、もう患者さんとのコミュニケーションを無視することはできません。

むしろ、ここに重点が置かれてきていると認識し、その業務を遂行していくことが求められそうです。

また、インターネットの発展とともに、医師の転職・求人の探し方も紙媒体からウェブ中心に変わってきました。
近年では医師も一般の転職と同様、人間関係を円滑に進められるかどうかという能力が重要視されるようになってきたようです。

転職する病院などに応じてライフスタイルも大きく変わりますので、
インターネットを活用してより多くの求人の中から自分に合った条件を慎重に選ぶ必要性が出てきた事も、大きな変化と言えるでしょう。

現在、一般病院(総合病院や大学病院など)で勤務している医師がクリニックへ転職した場合、ライフスタイルは大きく変わってきます。
引用:転職する医師より

転職を検討する際は、医師の転職について詳しく書かれた上記のようなサイトで最新の転職事情について調べてみるといいかもしれません。